" " " "
  • ホーム
  • 【伊万里市 相続手続き】相談者に固定資産税の納付書が届かないため、亡くなった方の財産が不明だったケース

【伊万里市 相続手続き】相談者に固定資産税の納付書が届かないため、亡くなった方の財産が不明だったケース


状況

伊万里市にお住まいの男性の方からの相談でした。
父が亡くなったため、息子である相談者が遺産を相続することになったとのことでした。
母は既に亡くなっており、他に兄弟がいないため相談者のみが相続人となりました。
相続財産として、預貯金の他に土地があるということを聞いていましたが、手掛かりとなる固定資産税の納付書が届いておらず、分からないとのことでした。

 

当事務所からのご提案&お手伝い

まず、亡くなった父名義の土地などの相続財産がないか、権利証や名寄帳をもとに調査した結果、土地の所在を見つけることができましたので、その旨を相談者に伝えたうえで、相続手続きを行いました。

 

結果

無事に相談者に土地の名義変更を行うことができ、ほっとされていました。
亡くなる前に遺言書などで相続財産を明らかにしていない場合、このように相続財産の所在が不明になるケースがあります。
この場合は、専門家にご相談いただくことで相続財産として何が、どこに、どのくらいあるのか調査することができ、また、相続人が誰なのかを調査することができます。
相談者ご自身での調査が難しい場合、当事務所が代わって調査を行うことができますので、お気軽にご相談下さい。


受付時間9:00~18:00 土日・祝日対応(要予約)